遺骨箱

専門の業者に依頼

沢山の十字架

亡くなった人が残した荷物を自分で片付けることができない場合は、遺品整理の専門業者を利用するとよいです。神戸市内には良い業者がたくさんいますが、少しでも費用を安く抑えたいのであれば、一括見積もりサービスを利用してみるのが得策です。

お墓を管理する

教会でのお葬式

葬儀を終えると納骨式をして、お墓に納骨をすることが一般的です。お寺などの施設で管理を依頼する場合などは費用がかかるので、利用する前に確認しておくと良いでしょう。

葬儀に贈る弔電

色々なお墓

何らかの事情で所着に参加出来ない場合には、弔電を送って故人を偲ぶことがマナーです。戦前は手書きのものが一般的でしたが、近年パソコンで文章を作成し送信できるサービスが普及しています。

小規模な家族葬
海外のお墓

ご供養や清掃、全て行なっています。遺品整理を千葉で行ないたいなら、ここの業者に依頼してみませんか?きっと貴方のお役に立ちます。

東大阪でできる家族葬

東大阪には家族葬ができる葬儀社がいくつかあります。東大阪に住んでいるなら格安な葬儀ができる家族葬がおすすめです。家族葬はファミリー葬とも言われており、仏式葬儀の規模を小さくして行うものです。葬儀費用は参列する人数によって違います。10人以下に限定するなら30万円代でもできます。10人以上20人以下なら40万円前後、20人以上30人以下なら60万円前後となっています。葬儀費用の他に、参列者を接待する為の飲食代なども必要になります。家族だけでやると接待費もいらないので格安な費用で葬儀を行うことができます。会場のレンタル代や火葬場使用料も必要です。東大阪に住所がある人なら東大阪の市営斎場を安く使用できます。

近年の葬儀と火葬の歴史

家族葬のように小規模で予算をかけないお葬式が最近の主流となってきています。火葬のみの直葬も人気です。もともと日本では仏式の葬儀を行う習慣が古くからありました。仏教が伝来したころには仏式葬儀とともに火葬も始まりました。もっとも当初は天皇や貴族など、一部の位の高い人だけが火葬をすることを許されていて、一般の民衆はまだ土葬を行っていました。時代と共に徐々に一般民衆の間にも仏式葬儀と火葬が普及していきましたが、今のように火葬が常識となったのはつい最近のことです。戦前はまだ土葬の割合の方のほうが多く、戦後になってから土地不足や感染症などの影響から一気に浸透しました。今では99%の割合で火葬が行われています。

オススメリンク

  • 遺品整理プログレス

    利用した98%の人が満足していますよ。遺品整理を大阪で行なうなら即日対応してくれるコチラはどうですか?